自宅で出来る副業は沢山ありますが、その中でも比較的必要な条件が少なく誰にでもなりやすいのがPCを利用したWebライターですね。
この仕事は、コツコツと少しずつ稼いでいくというタイプの仕事が多いのですが、Webライターになるのに何か必要な資格やスキルがあるのか気になる人もいるでしょうから紹介していきましょう。

Webライターに必要な資格とスキル

資格に関しては、正直必須のものという物はありません。
ただ、Webライターの仕事というのはどうしても数をこなさなくてはいけませんから、タイピングスピードも持っていると有利なスキルの一つですね。
あれば役に立つスキルはありますが、必要なスキルという物はありません。
ただ、Webライターの仕事を副業にしていく場合は、当然ですが執筆能力、文章能力が最低限求められます。
つまりは、ある程度人が読んでわかりやすい文章を書く事が出来る能力が求められるという事です。
とはいっても、そんなにお堅い文章が必要になるような仕事はWebライターに回ってくる事はまずありません。
正しい日本語を使い、変な言い回しをしたりしないような高校卒業程度の学力と文章能力があれば最低限の事は出来ると言っていいでしょう。
PCに関しても、特別なスキルや資格は必要ありません。
大体のWebライターの仕事の受注や納品はメール形式で行われる事が多く、記事の執筆もテキストエディタやオフィスのワードなどを指定された物を利用するだけですからね。
しいて言うなら、PCのキーボードで正しく文字を打つことが出来るという事が必須スキルと言えるでしょう。

誰にでもできる幅広い仕事

Webライターの仕事は、オリジナルのライティング以外にもデータ入力や文字起こしなどの作成も含まれています。
他にも、インターネット向けのレビュー作成やネーミング、コピーライトの仕事など文章センスや言語センスなどを活かせる仕事もありますので、これに挑戦してみるのもいいかもしれません。