年齢に関係なく、実力ややる気次第で稼げる機会に恵まれているのがネット副業の魅力ですが、その中でもイラストレーターの資格は50歳を超える人々の感性を活かす武器になります。
イラストレーターは、20代の若者を中心に人気のイメージがありますが、資格取得に年齢制限はないので、誰でも自由にスタートできます。

50歳からイラストの仕事を始めるには?

イラストの業界では、イラレやフォトショを使ったパソコンによる作業が主流となっています。しかし、パソコンが苦手だったり制作ソフトに慣れていない中高年層でも作業しやすい、アナログによるイラスト制作にも需要は少なくありません。
デジタルだからこそできる作業も色々とありますが、手書きならではの、アナログでしか出せないイラストの良さというものもあります。

イラストレーターの資格を取るのに遅すぎるということはありません。また、過去に美術系の大学や専門学校に通ったことが無いという人でも大丈夫です。
自分が今からイラストレーターだと宣言すれば、その時からすでにその資格を持っているのに等しいです。
適正があれば短期間で目を見張るほどの上達をする人もいますし、少しテクニックを学べば、後は自分の感性と営業力によって簡単なイラスト案件ならどんどん回ってくるようになります。

イラストの仕事を見つける方法

フリーランスとしてイラストの業界で活躍するのなら、デザインやイラスト制作の技能そのものよりも、自分をアピールする営業力の方が大事かもしれません。
プロとして本格的に仕事を貰うには、デザイン事務所や出版社まで足を運んで持ち込みをするなどの苦労もあります。ですが、副業感覚で手軽にお小遣い稼ぎをする目的なら、ネットの簡単な案件に応募するだけで事足りるかと思います。
SOHOでのイラストレーターの募集は年齢不問だったり未経験でも可能な案件も多いので、後は自分の適正や技能を活かせそうな内容を選んでてみてください。