ネット内職のなかでも、データ入力だけで高報酬を稼ぐのはなかなか根気や時間が必要です。それが嫌で、趣味を楽しむような気持ちで短時間の高報酬をゲットしたいなら、イラスト系の副業などはどうでしょうか。

イラスト系の副業の中でも現在特に熱いのが、キャラデザイン系のお仕事です。ブラウザやスマホ用のソーシャルゲームがいくつも開発され、人気を博している中でヒット作のキャラデザインを担当できれば一攫千金のチャンスもあるかもしれません。

まずはイラレを用意しよう

キャラデザインにおいて必須の作業環境になるのが、イラストレーターというお絵かきソフトです。
イラレをダウンロードして、後はアナログで描いた絵を取り込みデータ化するためのスキャナがあれば、簡単なキャラデザインの仕事に取り掛かれます。

キャラデザインの単価はどれくらいか?

たとえばソーシャルゲームのキャラデザインのお仕事なら、複数のカットを含めた1件の単価が2万円~5万円くらいになるようです。
作業時間が早く済めば、数をこなしてどんどん高報酬を得ることも可能です。
人気のゲームのデザインを担当すると何百万の収入に跳ね上がるケースもありますが、まだ駆け出しのイラストレーターならば最初は月収10万円程度が現実的だと思われます。
過去に実績があったり、継続して同じクライアントからの信頼を得た場合には、単価アップも考えられます。
最初は、クラウドソーシングで単発の仕事をこなしていき慣れていくと良いですね。

キャラデザインで大事なこととは?

デザインをするうえで、自分の感性や趣味を存分に活かすことはできますが、それはあくまでクライアントの指示を前提としたうえでの話です。
あくまでも仕事なので、好き放題に描いていればいいというのではありません。
クライアントがどんなイメージのキャラを求めているのか?という容貌を間違いなくはっきりさせておき、そのうえで自分らしいデザインを加えていきましょう。