テレアポの副業では、慣れるまでは精神的に負担も多くコツをつかむまでが大変かもしれません。
ここでは、テレアポの副業で少しでも成果を上げるために、成功率を高める3つの心がけについてご紹介しましょう。

押し売りにならないように気を付ける

テレアポでの営業というと、どんな嘘や騙しの手口を使ってでもとにかく制約をさせようとするあくどい商売のイメージも拭えません。
しかし多くの人が経験している通り、そのような姿勢では決して成果は上げられないということは身を持って実感しているはずです。

商売で必須の信頼を得るには、本当に相手が喜ぶ商品やサービスを提供したい、という誠意が感じられなければなりません。
商品やサービスを購入してもらおうとして下手に出て、へりくだりすぎるのも効果がありません。
むしろ、自社のサービス、商品に自信を持って勧めるくらいが、興味を持ってもらいやすいのです。

挫けずに電話の数を増やそう

成約率を上げる単純な方法としては、とにかく電話を掛ける回数を増やして少しでも成約の機会を逃さないようにすることです。
テレアポの仕事でも、高い成約件数の裏側には、数多くの失敗もあるのが現実です。
断られた経験が足かせになって電話をためらっていては、それ以上の可能性は決して見込めません。
何件断られても平気なくらいの精神力を持って、どんどん電話をかける勇気を奮い立たせましょう。

大事なことは一番最初に説明する

テレアポで営業の電話を掛けるときは、相手の大事な時間を貰っているという意識を忘れてはなりません。
時間を無駄にしないために、用件の要点は最初に伝えておきましょう。
具体的には、その電話によって相手にどんなメリットが得られるのかをアピールしてみてください。
たとえば、「今の通信料をお安くできるご案内です」といったイメージです。
その時点で相手に興味がなさそうなら、無理をせずに次の顧客に移った方が、こちらの時間の節約にもなります。