昨今、副業として在宅ワークをする人が多くなってきましたが、小物作成をする手作業系の内職はコツコツするイメージですが、パソコンでも副業は可能ですし、場合によっては時間がかかるものやデータ入力など単価が低くてもコツコツと続けるものもあります。果たして、どちらがよいのかまとめてみましたので、参考にしていただきましたら幸いです。

コツコツと手作業系は根気強く!

小物作成は単価低いもので、組み立てなどが複雑なれば単価は逆に高くなるものです。月に1万~2万円程度稼げるものであれば良い方でしょう。しかし、根気強く長く続けることで楽しく組み立てや隙間時間に作ることができます。小物作成なので、場所を取ってしまうこともありますが、スキルも必要もなく小遣いを稼ぎたいという方に向いています。

パソコンは幅広いが場合によっては手作業と同じ

インターネット上で仕事をする案件が増えてからパソコンでする方は増えましたが、在宅ワークの場合はメリットとして手作業と違って場所を取らないことです。全てデータで管理するのでパソコン分のスペースがあれば自宅で仕事ができます。報酬としてはデータ入力や記事代行など様々ですし、案件によってはプロジェクトとして一部任せられることもあります。

効率を重視するならパソコンを使った副業が良い

パソコンを使った副業の場合、手間暇がかからないですぐに仕事をすることができます。今からやる気になれば副業というものが可能なのです。逆に手作業ですと、頼んでから発送まで時間がかかります。逆に仕事を終了してから返送するまでにも時間がかかります。これを考えると、パソコンなら終了すればメールで送って確認してもらえます。したがって、効率を考えるならパソコンの方が得となります。

活動の範囲を広げるためにもパソコンは必須

手作業も長く続けているとお小遣い程度として稼ぐことはできますが、パソコンですとアンケートモニターやちょっとしたついでに稼ぐことができます。例えば、ふとしたときには小物作成なら置いてある場所まで行かなくてはいけませんが、パソコンはインターネットが使えれば、別の案件も併用して行うことができます。どちらかいいかは環境に合ったもので稼ぐことはできますが、将来的なことも考えてパソコンでスキルを高めると副業でも高収入を得ることが可能なのです。