今の給料では満足できない、このまま会社に居続けられる保証がない今、副業をもって不足分を補ったりリストラなどに対応できるように準備をしたりしておくことは普通になってきました。
一昔前までは終身雇用が売りだった日本企業ですが、その保証もバブルと一緒にはじけてしまったと言えるのですから。
そんな中副業で稼ぐ人の話などを聞いていると、今の時代いろいろな資格があってその資格を取る通信講座を受けながら副業をしているという人も少なくないことに驚きました。

副業に資格が必要なのは法律・行政関係以外はあまり聞かない

副業として行政書士や社労士などをやっているという人もいますが、その場合資格を持っていることが前提の職業なので当たり前に必要なのが国家資格です。
資格を取るまでに何年も費やし、勉強したうえで取ることが出来る国家資格になります。

資格なしでも出来る副業

稼げる副業として人気が高いWebデザイナーやキャラデザインなどは確かに資格がぞんざいしますが、一昔前まではその資格自体存在しなかったものです。
経験を積んだ柔軟なデザインを手掛けることが出来るのなら、資格自体どこに使うのかと不思議に思います。
確かにそれをネタに就職活動をするのであれば資格の有無は合否の判定に有利に働くでしょうから、取ることに関してはいいことだと思います。
更に人気の副業でよく名前を聞くFXなどに関しても資格は存在するのでしょうか?しかも資格を持っているかどうかを確認して仕事を発注する在宅ワークの会社はあまり見たことがないのが現状です。

実際によくわからない資格もたくさんありますが、副業をするにあたって絶対必要な資格かどうかは何とも言い難い状況です、結局資格を持っていると稼ぎが多くなるのならそれに越したことはないかもしれませんが、その資格を持っているからと言って仕事がよくできるようになるということではありません。
経験を積むうえで仕事が速くなったりすることで稼ぎも安定していくのではないでしょうか?