日本では、当然ですが所得税という税金を支払う義務が課せられています。
労働によって得た利益に対して、一年間で得たお金に応じた割合が支払わなくてはいけないというように定められているのです。
ただ、例えば投資事業で利益を生むバイナリ―オプションなどはどうなるのでしょうか。
労働をして働いたわけじゃないから、これは税金の対象にならないのか?そんな風に、バイナリ―オプションにおける確定申告のわからないことを解説しましょう。

バイナリ―オプションの確定申告について

まず、大前提として投資事業によって発生した利益についても確定申告を行い税金を払う義務は発生します。
では、幾ら支払えばいいのか?法律が2012年に変更されて現在、投資による利益にかかる税金は1年間に得た利益の20%に一律で統一されました。
どれだけの利益を出しても20%と非常に分かりやすくなったおかげでトレーダーも税金を支払いやすくなりました。
ただ、年間の利益が20万円未満の場合は確定申告による税金の支払いは必要ないので覚えておきましょう。
また、この利益というのは総利益を示します。
つまり、300万円の利益を総合で出したけど、150万円年間で損益を出してしまったとしましょう。
この場合は、利益は300万円だから300万円の20%を支払わなくてはいけないわけではなく、損益の150万円を惹いた総利益150万円から20%が税金の支払額になるというわけです。
損益分は、要は経費のような扱いになるということですね。

経費について

確定申告の際、バイナリ―オプションでも経費適用が結構されるんですね。
関係書籍、セミナーの受講料や交通費、トレード記録をつけるための文房具、パソコンを年内に購入した物や、インターネットの通信費などもトレードで使用した分を割って経費として計算する事も出来るので、そこでも経費になるような物は領収書や請求書をちゃんと保管しておくようにするといいでしょうね。