しっかりと稼ぐ事が出来る副業のメールレディという仕事やチャットレディという仕事にも、確定申告が必要なのか?という事を意外と知らない人が多いです。
これは、たとえどんな形であろうと銀行振り込みなどで報酬が支払われている場合は確定申告をしなくてはいけません。
しないと脱税の罪で摘発されますので注意しましょう。

メールレディの確定申告の代金について

メールレディの確定申告の代金は、一律ではないのでちょっとややこしいです。
課税所得の値段によって、税率が決まる事になっています。
195万円以下が5%、195万円から330万円まで10%、330万円から695万円までが20%695万円から900万円が23%900万円から1800万円が33%、そして1800万円以上が40%という比率に鳴っています。
これは、課税所得によって定められている物であって、利益ではないので注意してください。
報酬額から控除額やら経費などをもろもろさっぴいた金額によって税率が変わるという風に覚えておきましょう。

メールレディの確定申告義務について

メールレディでの報酬に、確定申告により税金の支払い義務が発生するのはメールレディの収入が年間で38万円以上を越えた場合とされています。
つまり、38万円未満ならば確定申告はしなくていいのです。
ただし、メールレディの仕事を副業にしている場合は1年間のメールレディの報酬が20万円以上の場合に確定申告での税金支払いの義務が発生します。
本業一本なのか、副業なのかによっても支払い義務が発生する値段が変わりますので気をつけましょう。

メールレディの確定深刻はややこしい

この手の報酬の税金はとにかくややこしく面倒です。
控除や、経費などがどこまで及んでいるかという事を調べないと結構わかりにくいですからね。
また、メールレディの報酬の制度は給与ではないのです。
雇用契約ではなく業務請負契約扱いになりますので給与所得控除に当てはまらないという事を覚えておきましょう。