アフィリエイト、という特殊な広告宣伝費が収入になる形の場合の税金というのはどういう仕組みになっているのが意外と知らない人は多いと思います。
アフィリエイトで確定申告が必要なほど税金を支払わなくてはいけないほど利益を上げられる人というのは多くはありませんが、所得税に関しては必ずかかってきますので注意しましょう。

アフィリエイトの所得税は幾らになっているか

アフィリエイトの所得税は、基本的にネット副業などによって発生する金額と同じです。
195万円以下が5%、195万円超から330万円以下が10%、330万円超から695万円以下が20%、695万円超から900万円以下が23%、900万円超から1800万円以下が33%で、1800万円超からが40%という通常の税率になっていますね。
それぞれ、控除額は上から0円、97500円、427500円、636000円、1536000円、2796000円、となっています。
また、所得が290万円を超えた場合は個人のフリーランスで仕事をしていても事業税がかかってきますので、これも失念しないように気をつけましょう。
アフィリエイトの収入というのは、人によってまるで桁が変わってきますので、最初のうちはそう言った所得税なども小さいのですが所得が大きくなると、税金も大きくなってしまいますので、必ず毎年払い忘れないように気をつけましょう。
アフィリエイトでも所得税を申告せず支払わないと脱税扱いになりますからね。
脱税は重罪なので、知らなかったでは通らないから気をつけましょう。

アフィリエイトの税金について

ただ、アフィリエイトの仕事もやはり年間での収入が38万円を越えない場合は確定申告の必要がないので税金の支払い義務が発生しません。
だから、アフィリエイトをやる場合は副業でやる場合は20万円以下になりますので、あえて20万円以下に常に抑えるようにすると税金を支払わなくてもいいという裏技もあります。