基本的に、自宅で出来る仕事というのは殆どの場合が資格を必要としておらず、資格を取らないと発生するデメリットという物はありません。
但し、資格が無意味というわけではなく資格を持っていればより報酬が大きくなり、稼ぐ事が出来る自宅で出来る仕事という物がありますのでそれについて紹介していきましょう。

通訳の仕事は資格が活きてくる

自宅で出来る仕事の中でも、トークアプリを利用した通訳の仕事というのは結構資格を見られる事があります。
外国語、特に英語というのはTOEICなどわかりやすい英語力の資格がありますので、それを取っておくことで通訳の仕事などは優位に働きますし、報酬の上乗せがあることもあります。
基本的に、こういう仕事は固定報酬制になってはいるのですが実務は資格などで、報酬にプラスボーナスがつく事もあります。
例えば、通訳の仕事も色々ありますが固定報酬が十万円から三十万円というようなところがあったとします。
そこに、高いレベルの資格を持った人が応募した場合は更に数万円上乗せされる事もある、という事ですね。
しかし、この資格によって報酬が上乗せされるというケースはそれほど多くはありません。
どちらかというと、資格は持っていた方が採用されやすいという風な条件として扱われる事が多いんですね。
ともあれ、資格を持っている事は技能の証明にもなりますので外国語の通訳や翻訳などの仕事では有利に働く事は間違いありませんね。

資格は取るより持っている物

在宅ワークや自宅で出来る仕事のために資格を取る、というのは少し勿体ないというかあまり意味がないことが多いですね。
あくまで、在宅ワークにおける資格の価値というのはそれを持っていたから、それを生かした内容の仕事を選ぶという事がで切ることです。
特に報酬面で有利に働く資格というのはかなりハイレベルな物が多いので1ヵ月2ヵ月勉強したところで取れるような代物ではありません。
新しく取る意味ああまりないのだと覚えておきましょう。