今、家で出来るネットを利用した副業が沢山ありますがその中でも話題にもなっているアルバイトがユーチューブを利用した物ですね。
俗に、ユーチューバーと呼ばれるこの仕事なのですが利用している人が結構いて、報酬に関してはピンキリではあるのですが、それでも高収入をゲットしている人も少なくはない仕事の一つです。

ユーチューバーの仕組み

このユーチューブで稼ぐ仕組みは、ネット副業の中でも古い歴史のあるアフィリエイトに似たものがあります。
ユーチューブに動画を投稿すると、興味を持った人がそれをクリックして動画を再生しますよね。
その再生回数に応じて、アフィリエイト料金として広告費が払われるという仕組みになっています。
つまり、ユーチューブで稼ぐ方法というのはバナー宣伝のクリック数に応じて広告費が払われる仕組みと全く同じだという事です。

ユーチューブで稼ぐには

当たり前ですが、再生回数を稼ぐほかありません。
ユーチューブの広告費は再生回数の10分の1から20分の1となっています。
つまり、月間で10万アクセスがある動画の投稿者でも月1万円から5千円程度という事です。
ユーチューブで稼ぐためには、月何十万から何百万のアクセスが必要になるのです。
そのためには固定ファンをつける、SNSやブログなどに埋め込み動画を張り付けるなどの動画の宣伝は勿論。
人気の動画をパート分けして、複数の動画を連続で見るように仕向ける事で再生回数を細かく稼ぐなどの工夫が必要になってきます。
ただ、アフィリエイトと違いユーチューブは動画作成というセンスをそのまま活かす事が出来る媒体なのでアフィリエイトよりも独創性を活かしやすいです。

ユーチューバーで儲けられる特徴

それはすなわち、人から注目されるにはどうしたらいいかを熟知している人です。
炎上、話題、流行、便乗、パロディなどあらゆる方法で人から注目を浴びる事でユーチューバーは高収入を得る事が出来る仕事に鳴るのです。