手作業の内職にはいろんな種類がありますが、中にはものづくりをするというタイプの内職もあるのです。
その一つがうちわを作るというタイプの内職です。
うちわなんて作る内職が本当に利益が出るのか?という人もいるでしょう。
確かに、うちわを作る内職で高額報酬というわけにはいきません。
しかし、それでも決して馬鹿にしたものではないくらいの値段は利益が出るのです。

うちわの内職の仕事

やることはとても簡単、土台になるうちわの骨組みにシールを貼ってお祭りなんかで売り出されているうちわを作り上げるだけというとても簡単な仕事です。
流石に骨組みを1から作るようなことはない、というかそもそも骨組みはプラスチックで既に出来上がった形で運ばれてきます。
そこに既定のシールを貼るだけなので特に難しい事はないですし、慣れないうちなんかはズレないようにして気をつける事もありますが、慣れれば30秒くらいで1枚作る事が出来るようです。

うちわの内職の報酬について

では、このうちわを作る報酬ですがどのくらい貰えるのかという事ですがうちわ1個につき5円です。
つまり、慣れてきた人がスピーディにこなせるようになるとおよそ1分に2個作れるわけですね。
1時間にすると120個、つまり時給600円に相当するという事です。
まあ、正直コンビニのアルバイトでもした方が利益は出ますが家にいながら出来るという点を差し引けばどっこいどっこいと言ったところでしょうか。
確かに、何時間も連続で続けていれば多少は利益になるのでしょうがそれは単純計算の話。
全くスピードを落とさずに延々何時間も集中し続けるなんて人間には不可能ですから、やはり生活出来るほどではないという事です。

内職はあくまで副業

とは言えあくまで副業として考えれば楽な仕事ですし、それでもまあまあのお金を稼ぐことができるわけですから、家で余った時間に副業をするだけと考えれば決して悪い条件ではないと言っていいでしょう。