確定申告というのは労働をして会社勤めをしている人ならば当たり前にして居ることですが、主婦になるとやっぱり遠のいてしまいますよね。
しかし、主婦が在宅ワークをして報酬を得る場合は実は確定申告が必要になる事がありますのでご注意を。

在宅ワークで確定申告が必要になる場合

在宅ワークの場合、所得が38万円を超えると主婦でも在宅ワークで得た所得に対して確定申告をしなくてはいけないのです。
在宅ワークの場合は、給与所得控除の65万円が適用されず38万円の基礎控除のみしか適用されないのです。
だから、在宅ワーカーの場合103万円が総合で控除にならないので、自分は103万円越えてないから大丈夫と勘違いして確定申告を忘れないようにしましょう。

経費で税金を安くする

在宅ワークの仕事は、給与所得控除の65万円がないというのがとても痛手ですね。
しかじ、在宅ワークにはそれなりの強みがあるのです。
まず、とにかく関わる殆どの物を経費として請求できる可能性があるのです。
パソコン代、その周辺機器の代金、インターネット通信費、電気代、資料代、他にも例えば家で仕事をしているからその時に飲む飲み物、食材、或いは外食した時の代金も上手くすれば経費の中に含める事が出来る事もあるんです。
なかなか後半に挙げたものは際どい事もあるのですが、おおむねどれも経費として請求できなくはないという可能性がありますのでだめでもともとという感じであらゆる領収書は必ず保管しておくようにしましょう。

在宅ワークの税金について

在宅ワークの場合、とにかく計算がややこしいですが経費での削減が頑張れば結構出来る、という事で税金を安くす裏技のような物があるからどっこいどっこいと言った感じですかね。
しかし、それでも何でもかんでも経費にする事ができるわけではないのでそのあたりは、上手い事説明を出来るように事前に勉強して計算した金額をなるだけ入れられるようにするという努力が必要です。